2007年10月08日

詩集「ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?」(その2)






 新詩集『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』(書肆山田)について、ある女性詩人から感想をお聞きしました。
 その方は以下のようなことを言っていましたが、まず、この詩集の作品の掲載順です。


    1 対痔核
    2 似非メニエル氏病者のグルントリッセ
    3 ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?
    4 インチキゲンチュア・デクラレチオン
    5 贈る言葉
    6 ザンゲ坂をのぼる
    7 静かな生活
    8 窓の下ではサイレンが
    9 カタキを討たれる
   10 耳下腺炎の夜
   11 エーテル論
   12 水の女
   13 骨髄ドナーは呻き呟く
   14 新しい人よ目覚めよ

 その方の話では、まず大方の「詩人」、とくに女性詩人だと、最初の「対痔核」の表題とその第一連の表現で、もう半分以上の人が受け付なくなるのではないか。
 ここを通り抜け、2、3、4と読みすすむのにはたいへん骨が折れる。そこを堪えて読み進み、5番目の「贈る言葉」を読むと、“ああ、このひとはけっこう普通の人なんだ・・・”と思えてほっとする。
 すると、6番目の「ザンゲ坂をのぼる」からはずいぶんと様子が変わる。
一見わかりやすい風景なのだが、現実と幻想、時制や場所が異なるシーンが折り重ねられていて、それを読者が自分のイメージとして構成しなければならない。それはそれでまた振り回されるので、最後まで読み通すとかなり疲れる・・・。
 読了後の印象は、連作の短編小説集を読んだような感じだった・・・・と。


 
 昨日、「山形国際ドキュメンタリー映画祭2007」の開催されている山形市七日町に出かけ、八文字屋書店(本店)の郷土関係図書のコーナーを覗いたら、この詩集が10冊平積みされていました。
(八文字屋さん、ありがとうございます。)
 ちなみに、山形市在住の伊藤啓子さんが昨年出された詩集『萌野』は、なんと20冊平積みされていました。伊藤さんの詩集は売れるみたいです。羨ましい・・・。
 なお、『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』は、仙台の紀伊国屋書店にも配本されていたということです。全国の大都市の書店でご覧いただけるかもしれません。

 写真は、ドキュメンタリー映画祭に併せて七日町で開催されていた「国際ボランティアセンター山形(IVY)」などの主催による『地球の文化祭』や『 MONTO STREET JAZZ FESTIVAL 』の風景です。  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 12:38Comments(0)作品情報

2007年10月06日

新詩集「ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?」

 新詩集『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』(書肆山田)を上梓しました。
 これは、2001年発行の『母のない子は日に一度死ぬ』(書肆犀)、2004年発行の『母を消す日』(書肆山田)に続く三冊目の詩集です。

 装画は百田智行さん、印刷は内外文字印刷・石塚印刷による活版印刷(!)、製本は山本製本所です。
 さすが書肆山田!という作りです。


 私自身が書いた紹介用の文は、以下のとおり。

 少年痔主、黒い犬、似非メニエル氏病者、インチキゲンチュア、必殺仕送り人、骨髄ドナーが走り回り、モン、タイ、水の女、木の女、石の女と絡み合う・・・
 凡庸なる人生の、けれど少しだけ切なげな影たちの物語り。


 製作者が書いた帯文は、詩作品から数箇所表現を抜き出して再構成したもので、以下のとおり。

 日々を生きることは憂鬱であり快楽である―初手から世界にきみの場所はないのだと、厳寒の海も真夏の海峡もぼくを誘うが、胸が張り裂け息絶え絶えになれば少しは世界に手が届くような気がして、ちいさく息をのみ、木舟を推すことにする。なにがあっても行く・・・なにかよくわからない繋がりが影を帯びるようだ・・・戯れに名を呼んでみる―日々を生きることは快楽であり快楽である

 私の紹介文は、芝居か戯曲の宣伝コピーのようですね。
 製作者の帯文はコラージュですが、これは一篇の詩作品のようにも読めます。こちらの方が現代詩の「詩集」だなぁという感じがします。
 でも、私はこの詩集を、詩人や詩の愛好者より、普段は詩など関心がないという方のほうにより読んでいただきたいと思います。いわゆる「詩人」には受け付けられない(かもしれない)理解できない(かもしれない)作品です。

 お求めは、首都圏などの大きな書店(「ジュンク堂」「紀伊国屋」など詩書コーナーがある書店)では置いていただいていると思いますが、最寄の書店へ注文いただくか、インターネット書店へどうぞ。
 「クロネコヤマトのブックサービス」「amazon.co.jp」「セブンアンドワイ」「ビーケーワン」などで取り扱われています。(2007年10月6日現在)(ちなみに私は普段「ビーケーワン」を利用し、コンビニで支払いしています。)

 なお、これらのインターネット書店では第二詩集の『母を消す日』(2005年度H氏賞最終決選投票で落選)も扱っています。
 第一詩集『母のない子は日に一度死ぬ』は書店では扱われていません。
 上記三冊について、私から直接お求めになりたい方はメールをください。郵便振込み用紙をお送りします。消費税はいただきません。送料はこちらで負担します。

 この詩集に収録された作品についての解題や用語解説など、これからぼちぼちとアップしていきたいと思います。
 なお、この詩集は、用語の意味やオマージュや引用元や言及先の作者や作品が何かぜんぜん分からなくても、作品として伝えるべきことはしっかり伝えられるように書かれています。  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 11:22Comments(0)作品情報

2007年05月20日

山形詩人第57号




 「山形詩人」(発行/木村迪夫、編集/高橋英司)の57号が発行された。(07年5月20日付け)
この号には、じぶんの詩「ナイヤガラの瀑布の前できみは」が掲載されている。

 「山形詩人」は、山形県内の主な図書館に寄贈されているが、書店には置かれていない。
 入手希望の方は、高啓までメールを。(頒価500円)


 ところで、同号には、同人のひとりである大場義宏氏が「詩人論としての真壁仁論デッサンの一試み―『日本の湿った風土について』のあたりで―」と題した散文を寄稿している。
 この文章は、高啓が寄稿依頼を受けて『真壁仁研究』第7号(東北芸術工科大学東北文化研究センター発行)に発表した論文「ぼくらにとって<真壁仁>はどういう問題か」に対する批判が、その内容のほとんどを占めている。

 真壁を肯定的に評価する傾向で編集されている『真壁仁研究』全7号(第7号で終刊)において、真壁を厳しく批判しているのは私の論文ただひとつであったから、私に強い風当たりがあるかもしれない、そのときはなんらかの反応をしなければ・・・とは思っていた。
だが、この大場氏の文章は、高啓論文の批判と言っても、その内容は誤読と歪曲に満ちた高啓への誹謗中傷であり、とうてい論争することに意味を見出せないものである。

 しかし、また、この文章には、あまりに初歩的な誤読や意図的な歪曲のための引用があるので、高啓を批判する云々の以前に、『真壁仁研究』掲載の高啓の論文を読まない読者に高啓がそこで述べている内容を誤解される恐れがある。
 そうすると、やはりこの論難を受けて対応しなければならないか・・・という気もしてくる。

 かかる火の粉は・・・とはいうものの、この文章に対する反論は、きわめて憂鬱なことだ。時間がもったいないし・・・・。

 読者には、ぜひ『真壁仁研究』第7号に直接当たってほしい。
 同書は、発行元の東北芸術工科大学東北文化研究センターのほか、インターネット書店で購入できる。


  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 13:35Comments(0)作品情報

2004年05月04日

高啓詩集『母を消す日』(書肆山田)

hahawokesuhi.jpg

本日初めてブログの世界へ入りました。どうぞよろしく。
高啓詩集『母を消す日』(書肆山田)を上梓しました。  続きを読む

Posted by 高 啓(こうひらく) at 18:41Comments(0)作品情報