スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2007年09月19日

きょうは詩人8号

 
 伊藤啓子さんから、「きょうは詩人」8号(アトリエ夢人館)が送られてきた。
7人の同人(全員が女性のようだ)の作品と、各号でお題(この号は「占い」)をきめて各同人が寄せるエッセイが掲載されている。

 伊藤啓子「機屋の八月」、吉井淑「山吹」、鈴木芳子「公園で」、赤地ヒロ子「睦月」、小柳玲子「梅雨の家」と、7人のうち5人までが、死人または亡霊のようなものが訪れる詩を寄せている。
 この女性詩人たちは、幽玄のまどろみの世界に棲んでいるかのようだ。

 しかし、すいぶんと気が合うものだ。まさか詩までお題を決めていたわけではないだろう。
 ふと考えてしまったのだが、この人たちはなぜ女性だけの同人誌を発行しているのだろう。その理由はよくわかないが、このように女性たちだけの詩誌であることは、一定の水準を維持できればそれなりにインパクトをもつのかもしれない。
 それは、詩誌、つまりは詩作品がより注目を浴びるためのひとつの戦術でもあるだろう。
 しかし、ちょっと捻くれた見方をすれば、女が女の集団を売りものにしていると見られないこともない。微妙なところでもある。

 巻頭の伊藤啓子「機屋の八月」には、路地のところどころから聞こえてくる機織の音が描かれている。たぶん米沢市の米織(よねおり)の情景ではないかと思う。
 昔、米沢市に山形県立米沢高等技術専門校という職業能力開発校があって、そこに繊維工学科という名称の離転職者向けの職業訓練課程があったのを思い出す。たしか6ヶ月間で糸を紡ぐところから染色、そして機織りまでを実習する課程だった。
 地場産業である米織業界からの求人はほとんどなくなって、いまから十数年前に繊維工学科が廃止され、やがて米沢高等技術専門校自体も廃止されたが、この学科があるころは授業料無料で基礎から機織りが学べると、全国から入校生がやって来ていたものだ。再編合理化でまっさきに廃止されたのだったが、あの実習の風景が目に浮かぶ。
  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 19:25Comments(0)作品評

2007年09月18日

蔵王龍岩祭を覗く

 

 蔵王温泉総合グラウンドで開催された「龍岩祭」(ドラゴン・ロック・フェスティバル)を見物に出かけた。
 この音楽フェスはたしか2年目だと思うが、私は初めて。
 今年は8月31日から9月2日までの開催だったが、開催前から初日まで数日間雨に祟られたので、雨が上がりの9月1日に出かけた。




 蔵王体育館前で駐車料金1,000円(3日間駐車可)を支払って係の誘導に従うと、瀧山(りゅうざん)へ至る登山口近くの未舗装駐車場に至り、そこから数百メートルの泥道のぬかるみを歩かされることに・・・。
 蔵王総合グラウンドなら、県道から入るコースで車で行けるし、そこは舗装道路だったはず。それにグランドは車道のすぐ脇だと甘く考えて革の短靴を履いて行ったのだったが、一般観客の入るコースは回り道の林道みたいな山道で、機材運搬用の車の轍でぐちゃぐちゃになっている。そこを抜き足差し足で歩く羽目に・・・。




 やっと会場に着くも、ライブステージとその前の出店の辺りは田んぼのような状態・・・出店のひとつが長靴を販売してもいるのだが、歩いているそこら中の人々が持参したような長靴を履いていて、その準備の良さというか場離れした風に眼を見張る。
 総合グランドのフィールドは水はけがよくて泥の世界ではないが、写真でも判るとおりここは使用されていない。轍や足跡で凸凹になるので使用が認められなかったのかもしれない。

 さて、泥の世界でメインのステージには近づけないので、舗装された車道の脇に張られたテントのステージ「みちくさ堂」(これはこのフェスティバルの4つ目のステージで、飛び入り演奏用)で偶然演奏していたバンドを聴く。
 聴衆は写真のとおり。家族連れもけっこういて、なんかまったりのんびりしているところが妙にいい雰囲気だ。



 でも、このとき出演していたバンドはなかなか迫力があって面白かった。ボーカルが最後に「おおきに」と言っていたので、関西(京都か)のバンドのようだった。
 
 この脇の道路で、若い一組の男女が棍棒や長い棒みたいなものを振り回して、ジャグリングの練習みたいなことをやっていた。ひょっとして火を点けてやるショーの練習か?

 来年は、晴れたらテントを張って泊まりでのんびりゆったり聴きにきたいものだと思った。

 もっともテントサイトでは、私のようなおじさんはあんまり見かけなかったのだが。
  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 00:42Comments(0)音楽について