2015年11月28日

モンテディオ山形2015年シーズンを振り返って





 「詩と批評」で毎年恒例(?)となったモンテの今シーズン総括を掲載しておく。

 2015年は、個人的な都合で観戦の回数が減ってしまったが、それでも味の素スタジアムのアウェイ戦に出かけたし、ホーム・ゲームにも何回か足を運んだ。
 とは言うものの、モンテについて、今シーズンはここまで、このブログのみならず他の場所でもまったく言及してこなかった。なかなか書く気にならなかった理由はあとで述べることとして、まずは最近の動きから見ていく。


 2015年11月27日付「山形新聞」は、26日に開催された株式会社モンテディオ山形の株主総会で、社長の高橋節氏(65歳)の辞任勧告決議が議決され、同氏が辞任したことを伝えている。それによると、株式の49%を保有する山形県スポーツ振興21世紀財団の細谷知行理事長(山形県副知事)は、総会後の記者会見で、解任理由として「J2降格の責任」を上げたとされる。
 同紙のほか、同日付の朝日新聞山形面と読売新聞山形面の記事の内容を併せて整理すると、次のようなことが見て取れる。
 なお、各紙とも、辞任勧告を決議した株主に、同財団のほか、山形県(2%保有)と株式会社アビームコンサルティング(49%保有)も含まれるのかどうかは伝えていない。おそらく全株主が賛同したと思われるが、マスコミはアビーム社の関係者にしつこく迫り、もっと突っ込んだ取材をすべきである。

 ① 株主側が挙げた解任の理由は、J2降格の結果責任のほか、「黒字なのに有効な補強をしなかったこと」や「観客動員数が低迷したこと」とされていること。
 ② 11月上旬に、細谷氏が高橋氏に辞任の打診をしていたこと。これに対して高橋氏は、「降格は決まったが、サポーターとチームが一体になり、“来季こそは”と考えていた時期での話。“え、なんで?”というのが率直な気持ち」だったこと。(つまり、辞任の打診にそれを了承する旨の回答をしなかったこと。)
 ③ 後任には今年3月まで県の部長を務め、4月から山形県産業技術振興機構専務理事を務めている森谷俊雄氏(61歳)が就任する予定であること。(つまり県幹部経験者の天下りとすること。)
 ④ 記者の「政治介入ではないか」という質問に、高橋氏が「難しい」と言葉を濁したこと。(つまり、それを半ば肯定したこと。)

 また、山新と読売が掲載したサポーターらのコメントの内容を整理すると、以下のようなものになる。ここに、この問題の大体の論点が出されていると見ることができる。

 ⑤ 県がモンテの社長職を県幹部の「天下りポスト」と考えているなら、プロとして強くなることはできない。
 ⑥ これまでクラブ経営の経験を積んできた人物を下し、県OBを新社長にするなら、蓄積したものをゼロにするだけ。社長を換えるなら、クラブ経営や会社経営に携わってきた人物を当てるべき。
 ⑦ 高橋氏は株式会社化や黒字化に手腕を発揮したと思うので、退任には驚いている。
 ⑧ 高橋氏は新スタジアム構想を考えていた。これから新スタジアム構想はどうなるか不安だ。
 ⑨ J1から降格すると社長を退任させられるということになれば、社長はそもそもJ1に昇格しようと思わなくなるだろう。


 さて、ここからは独断と偏見による私の見方を述べる。

 まず、社長職が県幹部経験者の定年退職後の天下りポストである点について。

 最初に銘記しておくべきことは、このクラブのトップは、一時期(鹿島アントラーズから海保宣生氏を財団理事長に迎えた2006年3月~2010年5月)を除いて、長らく県職員または県職員OBだったということである。  
 今回解任された高橋節氏は副知事OBで2009年2月に現知事・吉村美恵子氏の一期目の副知事に抜擢されたが、その前は県の部長級経験者として県関係機関に天下っていた人物である。ド素人知事を支えた手腕は内外で評価されたが、二期目となった2013年に副知事を解任される。(正確には再任されなかったと言うべきだが、任期の後半は知事に報告しないまま物事への対応を決めて部下に指示するなど、力を発揮しすぎて知事に敬遠された感がある。なお、このときの解任も周囲からは驚きをもって受け止められた。)
 したがって、今回の解任劇の大枠は、身も蓋もない言い方で言えば、「県職員OBが、県職員OBであることによって就任できたポストに、県トップの意向に逆らって執着し、それによって県トップ(及び後輩たち)の怒りを買って引きずり下ろされた」ということである。
 言いかえれば、降格の責任を取らせたというのは口実であって、そろそろやめてくれと県トップが考えたのと今回の降格時期が合致しただけだと考えた方がいい。今季J1残留が成っていたとしても、「株式会社の基盤は築かれた。さあ、次世代にバトンを。」というような理屈で辞任を求められたかもしれない。

 もちろん、今回の件にはこの大枠からはみ出している部分もある。
 モンテの株式会社化は、高橋節副知事(副知事退任後は高橋節財団理事長)の手で進められたこと、そしてその社長に自らが財団理事長から横滑りしたことである。
 2011年、前理事長の川越進氏(この人も県職員OB)が成績低迷の批判を受けて任期途中で辞任に追い込まれた際、副知事だった高橋氏は空席となった理事長職を代行したのだが、副知事退任後もそのまま続け、株式会社化後は自ら社長に就任した。
 これは悪く言えば「お手盛り人事」ということになるが、それゆえに高橋氏には通常の県幹部OBの“人事異動”によって、自分が苦労して作り上げた会社のトップのポストが、簡単に後輩に取って代わられることが受け入れ難かったのだろう。
 株式会社になったのだから、あるいは社長というプレジデント(!)のポストなのだから、従来の“県OBの人事異動”の対象には含まれないと考えていたのかもしれないし、副知事だった自分のポストが、副知事経験者ならともかく部長級止まりの後輩(かつての部下)に引き継がれるものになることを想定していなかったのかもしれない。
 また、株式会社モンテディオ山形を県総合運動公園及び西蔵王・弓張平等の都市公園の指定管理者にして(従前の指定管理者から仕事を取り上げて)、その管理受託で経営基盤を安定化させるという戦略も、おそらく高橋氏の行政手腕によって実現したことだろう。県職員時代からの「堅実」な運営手法によって、クラブを黒字化した業績は評価されなければならない、評価されるはずだ…と考えてもいただろう。
 以上のことは、上記の「サポーターの声」とされる⑤から⑦までの内容に対応している。
 これらの論点について私見を述べると、まず、⑤のモンテのトップが「県職員OBの天下り」であることは、サポーターや県民の心情としては反感を抱くところだろうが、県が主体的に創ったクラブとして発足し、かつは県や市町村の財政的支援がなければ運営できないクラブであるモンテの現状を鑑みると、マイナス面だけとはいえない。
 かつてこのブログに記したことがあるが、県財政当局には常にこの種の支援費を削減しようとする力学が働いている。そんななかで県の幹部職員OBをトップに据えるということは、そのポストがまさに県の「人事異動」の範疇にあることを意味し、つまりは県知事がクラブへの財政支援から手を引かないという約束手形を切ったというような意味をもっている。この場合、「政治介入」は「政治責任」と裏腹である。
 モンテの支持者たちは、「政治介入したのだからモンテの経営充実に責任をとれ!」と知事や副知事に迫れることになったのだと考えればいい。

 さて、だが、もちろん、⑤や⑥のコメントのとおり、この「人事異動」の繰り返しではプロのチームとして強くなれないという指摘はそのとおりである。
 では、どうしたらいいのか。
 答えは単純である。社長以外に経営手腕をもったスタッフを揃え、経験を積ませて育成することである。サポーターら支持者たる県民はそれらのスタッフを支援し、彼らがアグレッシヴに活動できるように経営陣を監視するのである。
 他のJ1クラブ(つまり民間企業のクラブ)でも、クラブ経営と縁遠い親会社の職場からスタッフが派遣されている。たとえば、NTTの地方支店(山形支店だったかな?)にいた職員が大宮アルディージャの役職に「人事異動」したと聞いたことがある。こういう人物が大宮の今季J2優勝=J1復帰にどれだけ貢献しているのかわからないが、意欲と能力のある人間にそれなりに経験を積ませることで「県OBの人事異動」で任命される社長に足りないものの穴埋めは可能だと思う。モンテには中井川専務のような人物もいるのだから。(中井川氏はNEC山形というメーカーの総務課職員だった人である。)

 次に高橋氏の手がけた「株式会社化」「黒字化」「新スタジアム構想」について。

 「株式会社化」については、私としてはこれまでも賛成できない旨を述べてきたが、すでに反対しても遅いので、株式会社を前提として考える。
 株式会社アビームコンサルティングのHPを見ると、同社は、モンテディオ山形のJ1残留には少なくても20億円の経営規模が必要と見込み、そのため県都市公園の指定管理者となって経営基盤を確立することを提案したとある。また、モンテの株主となり、経営のコンサルティングをすることで、この実績をPRしつつ、同社の公共部門受注の拡大につなげたい意向が垣間見える。(民間企業としては当然だが。)
 指定管理者を受注することは一見いいアイデアに見える。しかし、申し訳ないがこんなことなら私でも思いつく。しかも、もし今後、指定管理者の選定が公正に行われるなら、必ずしも株式会社モンテディオ山形が将来にわたって指定をゲットできるという保証はない。ここが指定管理者制度の危うい点だ。「指定管理者」たることを「基盤」にしてしまえば、それを失った時、クラブ経営は「基盤」から崩れ落ちることになる。
 また、同HPでは「管理会計が軌道に乗ったことで、ほぼリアルタイムで経営状況を数値化でき、経営陣が状況を把握できるようになりました。これにより、社長からフロントのみならずチームも含め全社的に経営状況のメッセージを発信できるようになり、組織全体で経営への意識が高まって、集客が落ち込んでいるときには、監督、選手、フロントの社員一人ひとりが一体となって集客改善に向けた取組みを実施できました。」との記載がある。しかし、申し訳ないが(つまり私が知らないだけなのかもしれないが)、「集客改善に向けた取組み」というこの肝心の部分こそが見えなかった。
 ア社には、49%の株式を所有してほかに何をしたのかと問いたい。レプリカユニフォーム用の三桁の背番号を売りつけることのほかに、どんな有効な企画(つまりコンサルタント会社でなければ想いもよらない企画)を実施したのか、私は寡聞にして知らない。私などが同社にもっとも期待することは、スポンサーの数を増やす取組である。
 ついでに、指定管理者としての公園の管理について疑問を呈しておく。総合運動公園のスタジアム周辺の舗装(タイルなど)には破損個所が目立ち、危険でもある。同公園内のアスレチック遊具も、理由や期間が不明(記載なし)のままロープを掛けられて使用禁止になっている。こういう地道な部分にちゃんと注意を払ってきたのか、と。

 「黒字化」については、観客動員数・入場料収入、スポンサーや広告収入の状況、支出状況などを見ないとなんとも言えないが、「収入を超えた支出をしなかった」という点では、県職員OBたる高橋節氏の手腕が効いていると思う。
 「黒字なのに有効な選手補強をしなかった」というのは、モンテの現状(とりわけ2016年以降の見込み)を考えれば無責任な批判である。
 ただし、モンテの会計から指定管理者としての業務に係る収入と支出を除いた場合、すなわち純粋にプロサッカークラブとしての経営に係る部分だけを見た場合にどうなのか、それはしっかり検証しなければならない。この検証ができる人間(社外取締役でもマスコミの記者でもスポーツライターでもサポーターでもいい)がいないのが、山形の不幸である。
 高橋氏自身もなにかのインタビューで、黒字化は指定管理受託のおかげだというような趣旨のことを語っていたと思う。指定管理で経営基盤を創り、本業では「さぁ、これからだ」と思っていたときに辞めろと言われて、はいそうですかとはならなかった気持ちもわかるような気はする。
とはいうものの、あの奇跡的なプレイオフ勝ち抜けと天皇杯準優勝という最高に盛り上がった時期から再びJ1に昇格して有名チームをホームに迎えた時期を過ぎ越して、収入を上げ経営基盤を固めるのは「これからだ」というのは奇異な響きを持って伝わってくる。感覚がずれているのだ。
 たとえば9月26日(土)の仙台戦の入り具合には愕然とした。地上波テレビの生中継があったとはいえ、ダービーであんなに空席があるのはどうしたことか。サポーターも営業サイドも猛省すべきであろう。(かく言う私もテレビ観戦だったのだが・・・(-_-;) )

 最後に「新スタジアム構想」について。
 これについては、このブログで先にも懸念を述べておいた。つまり、高橋社長が新スタジアムの建設に前向きな発言をすると県幹部との溝が深まる可能性があるという趣旨のことである。今回の解任劇にはこのことがある程度影響したのではないかと思われる。
 サポーターや地域(とくに山形市中心街など)からの突き上げ並びにJリーグの条件(一定割合の客席に屋根をかける必要があること)に迫られ、前向きに考えていくようなことを言わざるを得なかったという事情はあるだろう。しかし、知事や副知事にしてみれば、その物言いは、県に創ってもらう立場の人間のそれではなく、まるで自身が県幹部であるかのような口ぶりに見えたのではないだろうか。賢明で老獪な高橋氏も、権力側の立場から「下野」した自分を受け入れ、完全にはアタマを切り替えることができなかったと見える。
 いま、山形県は、山形駅西口の文化施設(新県民会館)の建設で手いっぱいで、当面、他の箱モノを建設する余裕などないはずである。
 山形市長選で、新スタジアム建設に慎重な候補が当選したという事情もあり、今回のことで新スタジアム建設は停滞すると考えなければならない。

 長くなってしまったので、2015シーズンの観戦記については稿を改める。
                                                                                                                                                      




同じカテゴリー(サッカー&モンテディオ山形)の記事画像
2014年のモンテディオ山形を振り返る
シンポ「新生“モンテディオ山形”と地域づくり」に触れつつ
モンテディオ山形観照記 2013
耐えつつ、楽しみつつ、2012年モンテの総評
第13節、モンテ首位に立つ
同じカテゴリー(サッカー&モンテディオ山形)の記事
 2014年のモンテディオ山形を振り返る (2015-01-05 23:36)
 シンポ「新生“モンテディオ山形”と地域づくり」に触れつつ (2013-12-26 02:02)
 モンテディオ山形観照記 2013 (2013-12-10 00:50)
 耐えつつ、楽しみつつ、2012年モンテの総評 (2012-11-13 00:01)
 第13節、モンテ首位に立つ (2012-05-09 00:38)
 2012年J2開幕戦(VS千葉) (2012-03-11 23:46)

この記事へのコメント
あなたの言う「一部の権力者」には吉村氏と細谷氏に加えて高橋氏も含まれるというのが私の見方です。

「こんなことでは・・・」などと嘆いている暇があったら、モンテの現実を踏まえながら、あなたの中長期的な経営のビジョンを提案すべきでしょう。
Posted by 高 啓(こうひらく)高 啓(こうひらく) at 2015年12月01日 01:29
全体的にずいぶんと県サイドに立った見方だなというのが率直な感想です。
そもそも、天下りを是としていることが理解できません。
それに、今回の件は一部の権力者によってクラブ経営が簡単には左右され得ることを意味しています。
特に本件は、政治的な要素が関係している可能性があります。
こんなことでは中長期的な視点での経営なんてできません。
Posted by tack at 2015年11月30日 13:01
河北新報HPで記事を読みました。
地元紙が書けないことを書いていますね。

私も山形市民ですから個人的には、新スタジアムを建設するなら、山形駅から行きやすい場所に建設してほしいと思います。

しかし、ある理由で、当面、天童市から奪うことは避けるべきだと思っています。

その理由はこのブログの過去の書き込みに記載していますので、気が向いたら探して読んでみてください。
Posted by 高 啓(こうひらく)高 啓(こうひらく) at 2015年11月30日 00:39
山形市長は新スタジアム建設を公約に上げてましたので慎重なのではありません。建てるなら交通の便が良く、街に相乗効果が現れる場所がいいとも。

クラブが9月末に予定していた新スタジアムに関する提言を待っていたはずです。記者会見でも「提言待ち」と言っています。

また、社長解任に関しては河北新報が山形新聞より、かなり突っ込んだ記事を書いてますが。
Posted by P at 2015年11月29日 13:40
感銘します.
Posted by sgt at 2015年11月28日 19:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。