スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2008年04月27日

山形県詩人会のバカ



 4月26日、山形グランドホテルで開催された平成20年度の山形県詩人会総会へ出席する。
 じぶんは県詩人会の理事になっており、当日は総会の司会が役目だった。

 総会では役員の改選が行われ、会員が少ない置賜地域から新たな理事を1名加えて、他はこれまでの役員体制を継承することになった。
 会長は上山の木村迪夫、副会長は酒田の高瀬靖、事務局長は山形の芝春也の各氏。

 また、総会では20年度の開催事業として、日本現代詩人会から要請されていた「東日本現代詩ゼミナール」の開催を引き受け、県詩人会からも事業費を支出して共催で実施することが決まった。
 同ゼミナールは、10月18日(土)14:00から、山形グランドホテル3階「白鳥の間」で開催の予定。
 講師は、歌人で現代詩に関する著作ももつ岡井隆氏。
 恒例の会員による自作詩朗読には、山形以外の東北5県から各1名、地元山形から数名の朗読者を立てることとした。





 総会に引き続いて、県詩人会の最大のイベントである「山形県詩人会賞」(第7回)の表彰が行われた。
 受賞作は、島村圭一詩集『ぞさえまま』(書肆犀)。
 本年度の会員投票による推薦詩集は、受賞作と高啓詩集『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』の二冊のみであった。  高啓は詩集『母のない子は日に一度死ぬ』で第1回山形県詩人会賞を受賞しているので、候補から除外し、島村圭一詩集『ぞさえまま』が授賞に値するかどうかが検討された。
 その結果、同詩集の方言を使用した試みが評価され、受賞作とされた。

 写真は、1枚目があいさつする木村会長。2枚目が、上記の選考経過を報告する高橋英司選考委員長。


 さて、総会と表彰式の終了後、恒例の祝賀会・懇親会が開催されたが、その席上で、高啓が、酔った大場義宏氏から絡まれ、そのしつこさにやむなく反撃するというお騒がせの一幕があった。

 大場氏は、高啓の論文「ぼくらにとって<真壁仁>はどういう問題か」(東北芸術工科大学東北文化研究センター発行『真壁仁研究』第7号所収)を批判する文章を『山形詩人』第57号に発表して以来、『山形詩人』連載の文章や他の雑誌へ寄稿した文章で執拗に高啓を攻撃し続けているが、これに対し、高啓は夙に『山形詩人』第58号で反批判(「他者非難によるデッサン法の不毛について」)を行い、その最後で「それから逃げて、またせっせと周囲の×印付けに紙数を割くようなら、ぼくらはもう大場さんの議論に付き合う気はないことを闡明しておきたい」と明確に態度を表明しておいた。
 予想通り、『山形詩人』第59号以降の大場氏は、自分から仕掛けた議論であるにもかかわらず、高啓による反批判において指摘された誤読や歪曲の指摘にまったく回答せず、ただずるずると論点をずらしながら高啓批判を垂れ流し続けているので、高啓はこれらに付き合うことを一切拒否していた。

 大場氏は、しかし高啓に相手をしてほしかったようである。
 この祝賀会での席上、高橋英司氏らと談笑していた私・高啓の席にやってきて、またぞろ一方的な思いをのべたらに陳述し、『山形詩人』第58号以降で自分が展開している文書を受けてなにか反応を書けと言ってきた。
 私は、大場氏に、「私はあなたの批判を受けて対応した。だが、あなたは私の反批判にまったく答えていない。論争したいなら、まずあなたが『山形詩人』第58号の高啓論文「他者非難によるデッサン法の不毛について」にまともに応えるのが先だろう」と返した。
 すると大場氏は、『山形詩人』第57号以降連載をつづけ、そこで今度は高啓の詩作品まで批判しようとしている「詩人としての真壁仁論デッサンの試み」について、「これは連載6〜7回分をすでに書いてある文章なので、これを連載しきるのが先だ」という趣旨のことを言ってきた。
 私は、「その連載はどうぞずるずる勝手にやりなさい。だが、あなたが仕掛けた論争なのだから、私の反批判に答えるのが物書きとして最低限守るべきことだろう」と言った。
 これに対して大場氏は「“物書き”という言い方に吉本隆明的なものを感じる」として、「自分の真壁仁論は、ほんとうは黒田喜夫論であり、吉本的なものへの批判が根本的なモチーフだ」というような趣旨のことを話した。

 私は、そういうあなたに付き合う気はない、と言ったが、彼はしつこく自分の考えを一方的に述べ続け、さらに高啓の詩作品を貶めるような発言をした。
 そこで高啓は、ナプキンを円卓に投げ捨て、立ち上がってこう大見得を切った。

   「おれのそばにくるな!」
   「本来なら、あんたを絶対許さない。徹底的にやってやる。それをしないのは、
    あんたの胸にペースメーカーが入っているからだ。」
   「おれに近寄るな!」

 すでに前出の論文で指摘しているが、高啓からみると、大場氏は「吉本隆明・黒田喜夫論争」を頭に描き、そのイメージで、自分を黒田に、高啓を吉本に擬え、あるいは錯合しているように見えていた。
 私はかつて、詩と評論『異貌』(第5号、1984年8月)に掲載した「黒田喜夫の死」という追悼の意をこめた文で吉本・黒田論争に触れ、この論争について「『政治と文学』という文脈からみれば、吉本隆明の言葉に付け加えるべきなにものも持たない」と述べたことがあった。
 『異貌』には、吉本に大きな影響を受けていた岩井哲氏(書肆犀)もいて、後に加入してきた大場氏も参加した合評会などで、よく吉本の話をしていたものである。それで大場氏は、高啓も吉本主義者だと思い込んでいるのかもしれない。

 しかし、私はそもそも吉本主義者ではないし、吉本・黒田論争における吉本の徹底した黒田攻撃については、理屈は正当であってもその激しさや酷薄さは常軌を逸したものであり、そこには吉本隆明が(おそらくは中野重治らとの論争の過程で)論敵からうつされた政治闘争のおぞましい宿痾が顔を覗かせていると思っていた。
 だから、私は、大場氏が高啓を“小吉本”のように看做すことに付き合って、かつて吉本が、病弱でしかもほんとうは社会的影響力など既に失っていた黒田に止めを刺し生身の命まで縮めるような激しい批判を浴びせたように、大場氏に批判を浴びせるようなことはすまいと思っていたのだった。

 ところが、大場氏は、いわば文学的ストーカーの如くに、高啓にどうしても相手をしてもらいたいと絡んでくるふうなのだった。
 それで、高啓は“大きな声で”、そして“はっきりと”、これを拒絶した。
 ストーカーに対しては毅然とした態度をとれ・・・と、いつかどこかで読んだような気がしたものだから。

 高啓が大声をたてたため、懇親会の衆目(といっても20人足らずだが)が高啓に集まった。
 大場氏は「すみませんでした」と言って、自分の席に戻った。
 高啓は、場を乱し、それゆえ司会から注意をうけた責任をとって、その場から立ち去った。


 山形県詩人会には、いまだにこんな莫迦もいる。
 東日本現代詩ゼミナールでお会いしましょう。(苦笑)
                                                                                                                                                                                                                                                         



            
  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 18:06Comments(0)山形県詩人会関係

2008年04月20日

雨の馬見ヶ岬川河畔


 
 この土曜日は生憎の雨となったが、それでも馬見ヶ岬川河畔に出かけてみた。
 ここ2、3日の雨で馬見ヶ岬川は増水して濁っているが、雨に煙る河畔の桜並木は、それはそれで趣がある。

 雨の中、橋の下で花見の宴を催しているグループもあったが、さすがに見物客は少ない。こうしてしずかに昏い桜を眺めていると、季節の、とりわけ春の移り変わりの速さに追いつけないそわそわとした想いが、少しずつ心の下のほうに沈み、おもく澱んでいくよう思われる。


 一枚目の写真の中央に見える建物は山形県庁。その向こうは蔵王連峰へ連なっている。
 この庁舎は、第一次オイルショックの影響を受けたせいか、県庁としてはチープな建物になっている。



 



 二枚目の写真は一枚目で対岸に見える桜並木の道路を東へ、つまり仙台方向に走る車内から撮ったものである。
 この桜並木は2キロくらい続いている。なかなか見ごたえのある並木だ。この時期、ライトアップされる。
 もう少し観光PRをして、イベントを催したり、露店なども立てて観光に活用したらよさそうなものだが、あっさりとしたものである。



 さて、このたび、高啓は、平成19年度の活動、すなわち詩集『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』(書肆山田)の出版によって、山形市芸術文化協会から「奨励賞」ということで顕彰されることになった。

 受賞の理由は次の通り。

   「亡き母を思い、妻と子どもたちに注ぐ眼差を通して、父親が社会人として生きる悲哀や希望などが
    うたわれている。一編一編が物語り仕立てで散文詩的に構成され、リズミカルで力強い。比喩が
    自在に駆使され、言葉が縦横に飛び回り、それでいて文脈は明晰である。」



 顔見知りで比較的近い地元の人たちから認めていただいたことは、それなりにありがたく、謹んで賞を頂戴する。
 ただ、関係者には申し訳ないが、表彰式が行われる山形市芸術文化協会総会は欠席させていただく。
 当日、宇都宮の芝居を観にいく予定が入っているもので。                                                                                                                                                                                                                                     





  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 09:20Comments(0)徒然に

2008年04月06日

「山形詩人」60号



 『山形詩人』60号(2008年2月20日発行)に、詩「初期詩篇3 棲息者への手紙」を発表した。

 『山形詩人』58号に発表した「初期詩篇1 ヨハンへの手紙」、同59号の「初期詩篇2 ジャンへの手紙」、そしてこの5月に発行される予定の同61号に寄稿した「初期詩篇4 ジョルジュへの手紙」の4編は、いずれもじぶんが22歳のときに自作したガリ刷の詩集『ヨハンへの手紙』のなかの作品を若干手直ししたものである。
 もっとも、当時の青臭さが抜けないように修正はごく一部にとどめた。

 詩集『ヨハンへの手紙』は、自分でガリを切って演劇研究会の部室の謄写版で印刷し、35部作成した。芝居の台本は全部ガリ版印刷で作っていたから、当時はガリ切りは手馴れたものだった。
 いま、こうして文章を書くのにもっぱらキーボードを使うようになって、手指の筋肉が衰弱し、じぶんの字はひどいものになってしまったが、このころはまだまともな字が書けていた。

 印刷した詩集は、表紙のデッサンを送ってくれた友人のY(この人物を想定して創作したのが“ジョルジュ”)をはじめ、身の周りの人たちに配った。
 山大前の通りで「犀」という喫茶店をやっていた岩井哲氏を通じ、当時は市会議員で詩を中心とした山形県内における文学の仕掛け人という風だったA氏などにも手渡たされたことから、まだ学生だったじぶんをめぐる人間関係が少しずつ広がっていった。

 ちなみに、「初期詩篇3 棲息者への手紙」の“棲息者”とは、ある人物を想定して創作したものだが、その人物の30年後が、詩集『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』のなかの作品「エーテル論」に出てくる先輩である。

 風の噂では、この春、この「棲息者」は「彷徨者」になったようだ。





 ※『山形詩人』及び高啓の詩集を入手したい方は、このブログの画面右側にある「オーナーへメッセージ」からメールをどうぞ。


  

Posted by 高 啓(こうひらく) at 18:50Comments(0)作品情報