2007年10月22日

「ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?」(作品掲載)

  


 詩集や詩誌掲載の詩の紹介と鑑賞を記載している詩人・村山精二さんのホームページ「ごまめのはぎしり」で、この詩集が紹介されています。

 村山さんは、このホームページで詩集や詩誌からひとつずつ作品を紹介していますが、その紹介する作品については全篇を写して掲載しています。

 このマメさには頭が下がります。
(なお、作品自体をネットに掲載されたくない場合は、彼に詩集などを贈るとき、そのように書き添える必要があります。)

 詩集『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』の中からは、今回は「ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?」を取り上げ、この作品と詩集に対するコメントを載せてくれていますが、先には『山形詩人』54号(2006年8月)から「エーテル論」を掲載し、コメントしてくれていました。
(したがって、この2つの作品については、ネット上で誰もが読むことができます。)

 この詩集について、「どれを紹介しようかと迷うほどの名詩集です」と紹介していただき、恐縮しています。
 

 写真は、詩集とは関係ありませんが、私がたまに飲みに行く山形市七日町の洋風居酒屋「し〜ら」の看板。
 ビールで喉を潤してから、一合徳利の熱燗でちびちびと宮城の「一ノ蔵」をやります。

 私は若い頃からのクセで、塩味の利いたあっさりめのポテトサラダが好きですが、ここのマスターの塩野さんがつくるポテサラに目がありません。
 薄いパイ生地のピザも好きです。

 「し〜ら」という店の名は、ジャズのボーカリストの SHEILA JORDAN からとったものです。
 店にはジャズがかかっています。

 七日町の八文字屋書店で「ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?」を購入し、この小さな店でマスターと話をし、おもむろに詩集に目を落としてください。
 かならず泣けます・・・・(笑)

                                                                                                                       








同じカテゴリー(作品情報)の記事画像
高啓詩集についての論評
高啓詩集『午後の航行、その後の。』
季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号
山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一)
「山形詩人」83~85号
山形県詩人会アンソロジー2013
同じカテゴリー(作品情報)の記事
 高啓詩集についての論評 (2016-04-11 11:24)
 高啓詩集『午後の航行、その後の。』 (2015-12-27 11:15)
 季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号 (2015-03-28 11:38)
 山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一) (2014-06-22 11:29)
 「山形詩人」83~85号 (2014-05-20 00:45)
 山形県詩人会アンソロジー2013 (2013-10-22 00:48)

Posted by 高 啓(こうひらく) at 00:52│Comments(0)作品情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。