2013年10月22日

山形県詩人会アンソロジー2013





                                                                              詩人としてのアリバイその2ということで、山形県詩人会の『山形の詩―アンソロジー・2013―』(2013年10月発行)に作品「駈込み諦め」を寄稿しています。この作品の題名は太宰治の短編小説「駈込み訴え」をもじったものです。

 アンソロジーは山形県詩人会が3年に1回ほどまとめているもの。今回は、40名の詩人が作品を寄稿しています。
 「八文字屋書店」(山形市、天童市、酒田市、鶴岡市)と「ほんべえ」(河北町)に置いていただいています。1部1,050円。

 郵送ご希望の方は「オーナーへメッセ―ジ」から、メールにて申し込んでください。(送料当方負担)


                                                                             


                                                                                           

 


同じカテゴリー(作品情報)の記事画像
高啓詩集についての論評
高啓詩集『午後の航行、その後の。』
季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号
山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一)
「山形詩人」83~85号
山形詩人82号
同じカテゴリー(作品情報)の記事
 高啓詩集についての論評 (2016-04-11 11:24)
 高啓詩集『午後の航行、その後の。』 (2015-12-27 11:15)
 季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号 (2015-03-28 11:38)
 山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一) (2014-06-22 11:29)
 「山形詩人」83~85号 (2014-05-20 00:45)
 山形詩人82号 (2013-10-20 11:32)

Posted by 高 啓(こうひらく) at 00:48│Comments(0)作品情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。