2021年01月03日

二十歳できみと出会ったら

二十歳できみと出会ったら




 2020年12月に新詩集『二十歳できみと出会ったら』を書肆山田から上梓しました。

 5年ぶり、6冊目の詩集は、これまでと少し印象が違うと思います。

 短編の連作私小説ならぬ連作私詩といった趣は同じですが、作者自身の変化が現れていると思います。

 表題詩の「二十歳できみと出会ったら」は、何度か読み返していただきたい作品です。



 Amazon、honntoなどで販売しています。

 地元山形では、山形市の八文字屋書店本店に配本されています。
 同店では、普通は郷土出版物のコーナーに置かれるのですが、12月末現在、文芸書の新刊書コーナーに平積みしてくれていました。

 私から直接お買い求めいただける方は、消費税をいただきませんので、2,500円(送料当方負担)でお送りします。
 本ページ右下のオーナーへメッセージのバナーから、メルアドを明記して申し込んでください。郵便振込口座をお知らせします。

 



 
 

 

 


同じカテゴリー(作品情報)の記事画像
ブログ再開宣言
高啓詩集についての論評
高啓詩集『午後の航行、その後の。』
季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号
山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一)
「山形詩人」83~85号
同じカテゴリー(作品情報)の記事
 ブログ再開宣言 (2020-06-02 11:33)
 高啓詩集についての論評 (2016-04-11 11:24)
 高啓詩集『午後の航行、その後の。』 (2015-12-27 11:15)
 季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号 (2015-03-28 11:38)
 山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一) (2014-06-22 11:29)
 「山形詩人」83~85号 (2014-05-20 00:45)


Posted by 高 啓(こうひらく) at 11:11│Comments(0)作品情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。