2015年12月27日

高啓詩集『午後の航行、その後の。』





 2015年12月25日付で、新詩集を上梓しました。

 高啓詩集『午後の航行、その後の。』

 発行・書肆山田  装画・宮﨑恵子
 装幀・亞令  A5変80ページ 
 定価2592円(税込)
 ISBN978-4-87995-931-7 Cl092


帯のコピーは以下のとおり


 「 流れにつかり、小舟を推す。
   片腕に
   悪い心を詰め込んだ袋をぶら下げ
   むずかる幼い者を抱きながら。
   ──きみは生きたいように生きることができるか。
 」


  【目次】
       午後の航行
       初孫論
       アトムの子
       駈込み諦め
       パックスタンドの憂鬱
       それからの夜
       再生論
       雪坂下の女
       来るべきものの影とその看過について
       春宵論
       次孫論
       午後の航行、その後の。
       葬送論
       抱擁論



  【著者による近刊予告文】
  「おれ」は左遷され、二男に子ができる。それを知るとメトロポリスの女は去っていき、末期がんの蒔絵師は死ぬ。雪坂下の女に通いつつも、故郷の女に手を出して拒絶され、それを口実に「おれ」は 今度こそ故郷を捨てる・・・。



 12月26日現在、山形県内では八文字屋書店で購入できます。
 まもなく全国の有名書店、ネットショップで購入できるようになると思います。
 著者から直接お求めいただける方は、本ブログの右側にある「オーナーへのメッセージ」から注文してください。(送料無料でお送りします。)

                                                                                                               





同じカテゴリー(作品情報)の記事画像
高啓詩集についての論評
季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号
山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一)
「山形詩人」83~85号
山形県詩人会アンソロジー2013
山形詩人82号
同じカテゴリー(作品情報)の記事
 高啓詩集についての論評 (2016-04-11 11:24)
 季刊「びーぐる」第26号、「山形詩人」87・88号 (2015-03-28 11:38)
 山大劇研・アングラの時代(一九七五/一九八一) (2014-06-22 11:29)
 「山形詩人」83~85号 (2014-05-20 00:45)
 山形県詩人会アンソロジー2013 (2013-10-22 00:48)
 山形詩人82号 (2013-10-20 11:32)

Posted by 高 啓(こうひらく) at 11:15│Comments(0)作品情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。